DC Power Vil.株式会社

DC Power Vil.株式会社

DC Energy Diet

直流接続が実現する究極の
ゼロカーボン・ゼロエネルギーの未来を目指して!

「直流」には「直流」で!
私たちが使うパソコンやTV、エアコンなどの電気製品の内部ではほとんど直流が使われています。
また、太陽光発電システムや蓄電池、LED照明、電気自動車、スマホなども直流なんです。
現在は交流電力が普及しているため、「直流」→「交流」または「交流」→「直流」に何段階も変換されて使用されています。
直流を直流のまま使用するため、変換機器や制御システムを必要としない、経済的でシンプルな構成で、安定した電力の供給と高効率を実現。
長距離の送電については、電圧を変圧器(トランス)で簡単に変換できる交流が優れています。
建物内部の電力給電など、例えば、工場、ビル、データセンタ、EV駐車場など負荷に近いところでは直流接続が優れています。
今こそ、ニコラ・テスラとエジソン、二人の偉人が手を結び、共存する世界がやってきたのではないでしょうか?
「交流」と「直流」のそれぞれの良さをミックス、そして私たちがより快適な生活を存続させたい!
直流を知り尽くした私たちは、まさにエネルギーのダイエットを進めています。それは、SDGsの取り組みにも大きく貢献します。

DC Power consulting

直流に関するコンサルティング

直流のパイオニアとして、そのメリットを最大限生かす
直流のノウハウを広める活動を行っています。

長期間にわたり安定的に給電し続ける直流給電システムは、地球温暖化対策への貢献や経済活動の活性化のため、将来的な電力の安定供給を追求した未来にふさわしいカタチです。省エネに、最も効率的なのは電力ロスを削減すること!
再生可能エネルギー、バッテリ、EVシステム、そして負荷機器との接続を直流接続によってシンプルにすることで効果的でスマートな電気の流れを生み出すことができます。これらの直流機器開発、直流安全技術の実装、そして導入支援などをご提案するのが、“DC Power Vil.株式会社”です。
長年培ってきた直流の研究ノウハウ、そして実績を次世代につなぐことを使命とし、あらゆるニーズにお応えいたします。

安全技術コンサルティング

導入支援コンサルティング

Zero Energy
DC Carport system

ゼロエネルギー「直流カーポートシステム」

脱炭素カーボンニュートラル時代に向けた
直流給電・マイクログリッドシステム!

  • 直流給電により電力ロスを究極に削減
  • 再生可能エネルギーでEVを急速チャージ
  • エネルギーとネットワークを自営できるため、災害時のシステムダウンを防ぎ、自己復旧することも可能
  • 工場などの建物と直流自営線により無制御で簡単に電力融通が可能
  • 地域の複数の再生可能エネルギーを並列にミックス
  • 交流電力のように複雑な制御がないため、瞬停のリスクがほとんどない
  • 交流電力のバックアップが可能
  • バッテリの残量・寿命を正確に把握 EVのリユースバッテリ使用可能
  • リチウム電池・鉛電池・異なる電池のエネルギーミックスも可能
  • ITシステムでエネルギーを自己消費できるため電力系統への逆潮流がない
  • 直流給電の安全技術による安心の設備(直流給電スペシャリスト監修)

DC Server Rack system

直流給電サーバーラックシステム

シンプルな構成で従来にない、
高効率・高信頼性を実現!

EIA規格の19Inchサーバーラック、OCPラックなどのラック単体の販売から、バスバー、集中電源、直流サーバの実装をオールインワンで構築して出荷するところまでお手伝いをさせて頂きます。また、屋外仕様、塩害対策、熱対策などの盤やコンテナも安価に1台から対応させて頂きます。

Battery Care Doctor

新方式「バッテリー診断システム」

内部抵抗・温度・電圧の数値を細かく見える化し
劣化寿命を正確に診断!

様々な電池に使用できる!

・鉛蓄電池

・リチウム電池をはじめ、様々な電池に対応

・対象電池に応じたソフトウエア

簡単取り付け!

・配線長はラフでOK

・取り付けはクリップでもOK

リユースLibの判定可能!

・独自方式による判定を追加!

・内部Cell単位で把握可能

・常に監視、約1時間で判定

・劣化バッテリの排除

親機1台で最大1000個のバッテリーデータが収集可能!

Hands-On(親機)
1台で250台の子機に接続可能
Sensor(子機)
1台で4個のバッテリに接続

製品ラインナップ

・鉛蓄電池12V用【販売中】

・鉛蓄電池2V用【開発中】

・リチウム電池用【開発中】

※ハードウエアは共通、ソフトウエアで対応

Top Message

世界中を大きな混乱に陥れた新型コロナウイルス危機が続いています。
アフターコロナの復興を脱炭素へつなげて環境投資を浮上させるグリーンリカバリーが世界中で加速しています。再生可能エネルギーの導入をはじめ、EVの普及、バッテリによる蓄電など、直流による接続の重要性が益々高まっています。
今まで培ってきた直流技術とノウハウを活用して、究極のエネルギーロス、高信頼性、安全性、地域再エネの親和性、レジリエンス向上などを展開し、脱炭素社会に貢献していく所存です。

代表取締役社長

村 文夫

Company profile

社   名
ディーシーパワービル

DC Power Vil.株式会社 (英文名称:DC Power Vil. Corporation)

本店所在地

〒105-0004
東京都港区新橋3-6-6 加賀屋ビル5階

創   業

2021年6月1日

資 本 金

600万円

代 表 者

代表取締役社長 村 文夫

役員構成・
メンバー

・取締役 副社長 江海 厚二

・特別技術顧問 フェロー 羽田 正二

取 引 先
(予定)

IPコア研究所、岩崎電気、NTTグループ、FCIジャパン、岡田商事、オムロン、神崎産業、KOCHIジャパン、さくらインターネット、篠原電機、トリコ、ニプロン、VSGデザイン、Matt&Massimo、三菱重工業、村田製作所、山笑、ヤマト通信工業

NEWS

2021.06.01
新会社設立のご挨拶

CONTACT

入力の際は、次の文字は使用できませんのでご注意ください。【半角の<> " ’ ¥の記号】

氏名

必須

メールアドレス

必須

確認のためもう一度

必須

電話番号

必須

郵便番号

必須

住所

ご質問事項

必須

必須